浜ちゃんのゴルフ漫遊記
ゴルフについて見たこと、聞いたこと、学んだことなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイガー・ウッズについて
 2008年マスターズゴルフが終了しました。優勝はトレバー・イメルマン選手(南アフリカ)で、我が期待のタイガー・ウッズは、残念ながら2位に終わりました。
 ところで、タイガーについてとても興味深い話があります。それは、1997年5月の日本版『PENTHOUSE』に掲載されたものです。その一部をご紹介したいと思います。長文になりますが、お付き合いください。
 
 本名“エルドリック・タイガー・ウッズ”。母親のクルティダさんによると、「エルドリック」というファーストネームは、彼女がかねてからつけたかった男の子の名前であり、「タイガー」というニックネームは、彼の父親であるアールさんがベトナム戦争で知り合った現地の戦友のニックネームをそのまま授かったものです。
 1967年、アールさんはベトナム戦争への2度目の従軍の時に、バンコクにあるUS陸軍支部で通訳をしていたクルティダさんと出会いました。クルティダさんは、毎日いつも何か探し物をしているような、何をやっても満足していない様子のアールさんに接しているうちに、彼の心をどうにかして解きほぐしてあげたいと思うようになりました。
 アールさんは当時、最初の結婚が失敗に終わり、別れた妻との間にもうけた3人の子供とも疎遠になっていました。朝の3時、4時まで一人で支部のオフィスに残り、ただウイスキーを片手にじっと考えごとにふける日々が続いていました。
 やがてクルティダさんは、アールさんの両親が若くして亡くなったことが、彼をいつもリラックスできない人間にさせていることに気づきました。クルティダさんもまた、5歳のころ両親が離婚し、寄宿学校の暗い部屋で少女時代を過ごした経験を持っていました。
 アールさんはクルティダさんを連れてアメリカへ戻りました。
 クルティダさんは、アールさんの心の洗浄を行うことが、二人の新しい生活にとって何よりも先だと思い、彼に“ERHARD SEMINARS TRAINING”(現在は教育会社ランドマークエデュケーションにより、名称“フォーラム”―日本名“ブレークスルーテクノロジーコース”―として世界中で行われている)と呼ばれるトレーニングを薦めました。
 「あなたは、自分の能力の表面すらも出していない。グリーンベレーで学んだことをいま思い出すのよ」
 アールさんは、ベトナムで、エリート部隊と呼ばれるグリーンベレー(陸軍特殊部隊)に配属されていました。30代に彼は、この部隊で人の殺し方や、味方の死に直面したときの精神の制御の仕方などを訓練していました。湿気の多いベトナムの田圃やジャングルの中で、自分の責務をまっとうするために心を平静に保つこと、潜在意識に身を任せることを徹底的に教え込まれました。
 しかし、家庭が崩壊することによって、自分の精神までもがもろく崩れるとは思ってもみなかったのでした。
 EST(エスト)を通じて、自己発見と自己実現のトレーニングを集中的に行ったアールさんは、「人間として、肉体の強さを超えるもの、『責任』と呼ばれる精神の感情が、自分の心の底にふさがっていたことが分かった」と自戒しています。「それまで私は自分の過去ばかり追いかけ、現実を直視することを避けようとしていた。今、自分のために何かを行おうとすれば、自分の周りにいる人のことを気にかけてあげたい気持ちが生まれる。軍隊の基本も家庭の基本もここにあることを、クルティダは私に学習して欲しかったのだろう。」
 1975年12月30日、二人の間に男の子が誕生しました。
 アールさんは直感的に、ベトナム時代に知り合った南ベトナム軍部隊の陸軍大佐ニュエン・ホンのことを思い出しました。ニュエン・ホンは、前線での攻撃的な指揮ぶりとともに、人望が厚く、誰からも信頼を寄せられる男でした。若いアールさんは、友人としてばかりでなく、彼に軍人としてある種のカリスマ性を感じていたのでした。
 「タイガー」、 アールさんは、クルティダさんの抱えるわが子に向かって、ニュエン・ホンのニックネームを呼びかけました。

 いかがでしたか。とても興味深い話だったでしょう。これを読むと、いかにしてタイガーウッズが誕生したかがわかりますね。
 ゴルフと出会ったタイガーは、アールさんの厳しいコーチのもと、トップゴルファーへの道を歩みはじめました。 そして今、ゴルフ界のスーパースター、“タイガー・ウッズ”として、私たちゴルフファンを楽しませてくれています。
 タイガー・ウッズのゴルファーとしての基礎は、少年時代のアールさんの多大な影響によって築かれたことは、もはや周知のことと思います。
 今あらためて、故アールさんとクルティダさんに感謝を言いたい。
 
 本当にありがとうございます。


 

 
 
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sdhama.blog122.fc2.com/tb.php/25-64e10587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

SDハマー

Author:SDハマー
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング

FC2ブログランキング





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。